障害者の求人情報を福岡で探すならここ!おすすめ求人サイトランキング!

福岡での障害者求人につき、近年増加傾向である事はご存知でしょうか?

福岡県の全人口は2014年3月末時点では510万人ですが、同時点での福岡県の障害者数は身体・知的・精神障害者を合わせて30万人で、福岡県の全人口の5.9%となっております。

又、民間企業での障害者雇用数は1.3万人(実雇用率は1.8%)で、民間企業での障害者雇用数は2010年以降増加し続けています

 

増加理由は、障害者の就労意欲の高まりに加えて、企業の障害者雇用に対する理解の向上が挙げられます。

 

福岡では障害者への雇用支援につき力を入れて取り組んでいるため、この障害者雇用数は今後も増加すると考えられますので、障がいを持った方で、就職や転職を考えている方にはよいタイミングでしょう。

 

【関連記事】障害者雇用ランキング企業で働くには?

 

福岡の障害者の求人情報を探す際に役立つ求人サイトは次の通りですので、企業の障害者雇用についての理解が向上し、就職や転職が考えやすくなっているこのタイミングに、あなたに合った仕事を探してみませんか?

障害を持った方で、福岡で求人情報を探されている方や、ハローワーク等での求人情報で自分に合った仕事がなかったという方は、これらの就職支援会社への登録をおすすめします。

この順位は、障害者の求人を専門としているか、求人情報の提供だけでなく就労移行支援も行っているか、障害者雇用率の高さ、求人情報サービスの対象地域といった点を考慮して定めておりますので参考になれば幸いです。

 

因みに、障害者の就職支援会社への登録は、ハローワーク同様に無料ですので、迷われたら登録して、自分にあった仕事があるかの相談だけでもされてもよいでしょう。

身体障害者の求人だけでなく、精神障害者の求人、業種も作業所以外に事務員として正社員の求人情報を持っている企業もありますので、相談だけでもする価値はあると考えられます。

障害者の求人サイトランキング (福岡版)

福岡県で求人情報を探すなら、障害者を専用に就職・転職のサポートをしており、求人数が業界No1、「アットジーピー【atGP】 」がおすすめです。

スポンサーリンク

アットジーピーを含むおすすめ求人・転職サイトのランキングにつきましては以下の記事をご覧ください。

↓  ↓  ↓  ↓

【求人・転職サイト比較結果】
障害者へのおすすめ求人・転職サイトは?比較結果をランキング形式でご紹介!

 

 

福岡の障害者への就職・転職支援

福岡では障がい者施策の更なる向上を図るため、以下の計画が策定されています。

1.障がいの有無で分け隔てられる事なく、人格や個性を尊重し合える社会を目指す「福岡県障害者長期計画」

2.障害福祉サービスや相談支援等の提供を計画的図るために「福岡県障害者福祉計画(第3期)」

又、福岡県では以下の通り、障害者の職業訓練、就労支援等を提供する設備がありますので、積極的に活用していくべきでしょう。

福岡県障害者雇用情報センター

障害者を雇用している、又は雇用を検討している事業主に対して、障害者雇用についての情報提供や障害者の就労支援機器等の紹介、点字翻訳等の各種サービス、フィルム、ビデオテープ、写真パネル等の貸し出しを行っています。

福岡県障害者雇用支援センター

障害を持った方々の職業的自立のサポートを目的として設置された施設です。

職業に関するリハビリサービスを18歳以上の重度身体障害者、知的障害者、精神障害者で、職をもって自立する事を希望されており、自力で通う事が出来る方を対象に、基礎訓練や、実習、施設見学、日常の生活相談、就職後の職場定着に関する教育を行っています。

福岡県障害者職業センター

北九州支所 職業に関するリハビリカウンセリングや、職業評価、職業リハビリ計画の策定、就職後の職場適応教育、主には知的障害を持った方に対しての職業準備訓練や、OA機器の操作技術等の講習等が行われています。

国立県営 福岡障害者職業能力開発校

職業的な知識や、基礎的な技能について、職業訓練と生活指導を通し、障害を持った方が職を通して社会参加出来るようにすることを目的としている施設です。

就労した事がない方でも、就職や自営できるように基礎から学べます。

本職業能力開発校には、科目として、コンピューター製図科、義肢・装具科、商業デザイン科、OAビジネス科、洋裁科、製版科、総合実務科、建築設計科、情報処理科が準備されております。

まとめ

福岡県の障害者の民間企業での雇用率は、以下グラフの通り近年増加傾向です。

(参照:福岡県障害者長期計画)

民間企業が障害者の受け入れに前向きになりつつありますので、今まで職に就いたことがない方も、既に就いているけど、もっと障害に理解を示してくれる職場への転職を考えている方も、就職・転職を考えるにはよいタイミングだと考えられますので、この機会に新たな一歩を踏み出されては如何でしょうか。

 

コメントを残す

このページの先頭へ