転職エージェント人気ランキングベスト3のご紹介!

今や一般の転職サイトよりメジャーになりつつある転職エージェントですが、エージェントの会社の雰囲気やそのキャリアコンサルタントとの相性がありますので、多くの方は2社以上のエージェントに登録し、コンサルタントとキャリアにつき相談をしているのが実情です。

どの転職エージェントに登録すればよいか悩まれている方のために、おすすめ転職エージェントの人気ランキングベスト3をご紹介致します。

リクルートエージェント 転職エージェントの中で最も有名な企業。求人数は業界トップで、多岐に渡る転職に対応。
マイナビエージェント 面接通過率がとても高い事で有名キャリアアドバイザーの対応が丁寧。IT分野で強みあり。  
typeの人材紹介 年収UP率71%という驚きの実績を持つ転職エージェント。ITや外資系に強みあり。  

上記の転職エージェントへの登録は無料ですので、ランキングに気になる会社があれば一先ず登録され、キャリアコンサルタントと転職の流れや、必要なサポートにつき相談される事がお勧めです。

【おすすめ記事】
転職の種類は?サラリーマンやOLが副業で注意すべき4項目

障害者へのおすすめ転職サイトは?比較結果をランキング形式でご紹介!

サラリーマン・OL おすすめ転職エージェントランキング

求人情報数やキャリアコンサルタントの評判等を総合評価し、転職エージェントおすすめランキングベスト3を決定しました。

夫々の転職エージェントの特徴については以下を参照願います。

業界トップの求人数 “リクルートエージェント”

対応地域: 全国

 

リクルートエージェントは転職エージェントの中で最も有名な存在で、求人数も業界トップを誇ります。 更に、リクルートエージェント経由で転職した人の66%が年収アップしているという実績あり。 全国・全職種対応で圧倒的な求人数を誇り、外せない転職エージェントのひとつです。

 

  • 転職支援の実績数No.1
  • 業界トップの求人数
  • 履歴書や面接のアドバイスに加え、退職時のサポートもあり

【一言メモ】 求人数が他を圧倒している事から、迷ったらとりあえず登録してもよいエージェントでしょう。

 

親身な対応が好評 “マイナビエージェント”

対応地域: 全国

 

マイナビエージェントは1人のキャリアアドバイザーが他社と比較して、少ない人数を担当する為、業務にゆとりがあり面接対策等丁寧にしてくれるのが特徴です。
求人数はリクルートエージェントと比較して多くないですが質は高く、キャリアアドバイザーは親身に対応してくれる為、非常に満足度が高い転職エージェントです。

 

  • 20~30代の転職サポートに強みあり
  • IT分野で強みあり
  • 応募書類の準備から面接対策まで、親身なサポート

【一言メモ】 じっくりと自分と向き合ってくれることを望まれているなら、このエージェントがおすすめです。

 

首都圏の高収入案件に強い “Type転職エージェント”

対応地域: 首都圏

スポンサーリンク

 

type転職エージェントは年収UP率71%という驚きの実績を持つエージェントです。 但し、首都圏のみにしか対応しておらず、対応職種もそこまで広くありません。
非常に高い実績を誇っているのは事実ですので、1都3県に在住で、ITや外資系での転職希望されている場合はおすすめの転職エージェントです。

 

  • 高収入案件の紹介に強みあり
  • IT分野や外資系の就職に強みあり
  • 首都圏の案件に特化

【一言メモ】 首都圏にお住まいで、IT・ウェブ関連、外資系での転職を希望の方は是非登録を。

 

転職エージェントとは

転職サイトはインターネット上に公開されている求人情報を、自分で選別し、気になる仕事があれば登録するというものですが、一方で、転職エージェントは今後のキャリアの相談や、あなたの希望とマッチしている非公開の求人の案内、履歴書のレビュー・添削、面接の練習といった事をおこなってくれる会社です。

又、自分で調整するには骨が折れる面接日程の調整や、賃金等の条件の交渉までも行ってくれます。

転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントを利用するメリットは先に述べた通り、転職に関する様々なサポートやアドバイスを受けられるという事で、デメリットとしては、転職サイトのように自分のペースで転職活動ができないという事でしょう。

転職活動につき、まだ本気でないけど求人は探し始めたいという方は転職サイトの登録が良いかもしれません。転職エージェントの場合、あまりにあなたの反応が悪いと、急いでいない・転職に本腰を入れていない事がキャリアアドバイザーに伝わり、サポートもあまり受けられなくなる可能性があります。

転職エージェントを利用すべき理由

あなががもし「転職エージェント」について何も知らなかったとすれば、どのような転職方法を考えられるでしょうか?

ハローワークや会社への訪問、または企業ウェブサイトへの登録といったものが考えられるでしょうか。その中でもインターネット情報を用いて会社に入ってきた世代ならば、転職であってもインターネットの利用は一般的な筈です。

それでは、転職エージェントに登録しなかったケースと、登録して活用できたケースだと、どの様な差が出ると言えるのでしょうか?

先ずは、転職エージェントに登録しなかったケースをみてみます。転職ということは、どこかの企業や組織に所属しながら転職先を見つけ出すのです。社内勤務であれば仕事の端末で昼休みの間に内緒で求人情報選定を行うか、帰宅の後に求人情報選定をすることになります。

この世には数十万以上という会社が存在しますので、自分自身で企業ウェブサイトや求人サイト等で求人情報を選ぶ作業を繰り返すだけでも、非常に大変ですし、検討違いの求人ばかり検索してしまっている場合が少なくありません。

公開されている求人情報に全て応募したところで、徒労に終わる可能性が高く、果たして何が影響し自分は面接にすら行けなかったのかさっぱりわからない。こういった問題が転職を希望している人に拡がっています。そうしてそういった展開が多くなるにつれ、すっかりと自信を失う人さえ出てきたのです。

一方で、転職エージェントに登録した場合はどうでしょう?

転職エージェントは、原則としてお客様と1対1の相互信頼関係の上に成り立っております。要するに、一般に求人情報を公表することはせず、エージェントの力(つまりは企業のキャリアコンサルタントの人となりを観察する技量)に信用を寄せていると言えます。

キャリアコンサルタントの仕事として、求人企業の財務状況や経営力、人員の教育方針等を細部にわたって調査することが大切です。10年後の求人企業の姿、または20年後を予想して人員を投入すべきかどうなのかも話し合っているのです。その中で、得難い人材が出てきた際には、時機を読んで案内することで、求人企業の収益に貢献するよう高い水準のマッチングノウハウを積み重ねております。

つまり、今や転職業界では、転職のプロフェッショナルである転職エージェントの存在なしでは転職は困難であり、転職エージェントの力を上手く利用してこそ、転職が成功すると言っても間違いないでしょう。

最近では転職エージェントのマッチング力を高く評価している求人企業が増加しているおり、マッチングの確実性が劣っているハローワークや一般の求人サイトには求人情報を出さず、”転職エージェント会社にのみ求人情報を公開”するケースが増えてきてます。

更には、転職エージェントの求人情報は原則非公開であり、転職エージェントに登録していない事で優良な求人情報を見逃している可能性が高いと言えるでしょう。 ある転職エージェントで公開されている求人情報が、他の転職エージェントでは公開されていない。

又は、様々な転職エージェントで公開されているけれども、ハローワークや求人情報サイトでは公開されていない。といったケースは少なくありません。

適切な求人情報を得られて、時間の無駄を省く為にも、1社ではなく2~3の転職エージェントへ登録する事をお勧めします。

大手転職エージェントのメリット

転職エージェントは、様々な企業規模のものがあり、その大小も含めて全国各地で事業を展開しております。

その中で、大手と言われるエージェントと小規模なエージェントでは、保有している情報量が全く違います

エージェント自体も企業であり、情報の量とクオリティの高さがあるからこそお客様の信頼性も高くなるわけです。

小規模なエージェントのケースでは、特定地域の専門型が多いのが実態です。首都圏、関西、名古屋、福岡等の地域で企業活動しているところが大部分で、他府県に拠点がまたがる企業の求人情報はあまり無いでしょう。けれど、勤務地変更をしないという条件で仕事を選ぶのであれば、小規模なエージェントにお願い出来ます。

キャリアアドバイザーには以前の職業の影響を受けて得意分野があり、繊維系に強い、メーカー系に強い等といったエージェントの色があるのも事実で、その特色を活かすのもいいでしょう。

しかしながら、一般的に考えて転職成立の可能性が高いのは何と言っても大手のエージェントでしょう。大手エージェントの強みはそのノウハウと圧倒的な情報量です。企業は日常的に業績にともなって、その形態が多様に変化しております。

系列関連会社であった部品製造企業が、ある日突然、他の企業の傘下になることなどは近年では珍しくありません。こうした場合、一部品製造企業ばかりとつき合っている仲介業者の場合は、持株会社の動きが読めないことが大半です。

企業は将来を見据えてこの後資本を投じていく先を決定するのですから、どれほど好成績の部門、子会社とはいえ買収交渉をしていないとは言い切れません。仮に他社に買収されてしまうとなると、組織が入れ替わってしまって、人事部のスタッフがガラリと変わる可能性が大きくなるのです。

コメントを残す

このページの先頭へ