エグゼクティブ・ハイクラス人材向け転職求人サイトおすすめランキング!

本記事では、エグゼクティブハイクラス管理職の方へおすすめの転職求人サイトを、比較ランキング形式でご紹介します。

 

あなたの年収がもし
500万円や600万円
を超えているなら、

会社である程度高いポジションについている、

大企業で働かれている、

若しくは特別な資格を有しているという方でしょう。

 

 

このクラスの方は、

「今の状況でも特段お金には困っていない」

「仕事でも高いレベルの業務を任されていて満足している」

と感じられている方は少なくありません。

 

 

しかし、この記事を読まれているという事は、

更に上の年収を目指されている、若しくは自分がもっと活躍できる場を探されている

という状況だと思います。

 

そんなハイクラス層のあなたにおすすめの転職サービスは以下の通りですので、参考にして頂ければ幸いです。

順位
サイト名
説明

ビズリーチ ビズリーチは、管理職に専門職、グローバル人材といった、エグゼクティブ・ハイクラス層に特化した、国内最大級の会員制転職サイトです。ヘッドハンター数は他サイトを圧倒。

キャリア カーバー 人材サービス企業の国内最大手であるリクルートグループが運営する、エグゼクティブ・ハイクラス限定の転職サイト。登録料は無料です。

DODAハイクラス パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)運営の、国内最大級の転職エージェントであるDODAのハイクラス層向け転職サービスです。

JACリクルートメント JACリクルートメントは、イギリスが本社のJAC Recruitmentが運営する外資系企業です。25年以上の実績と海外に独自のネットワークを持つ転職エージェントです。外資系に強みあり。

クライス&カンパニー リクナビNEXTにある満足度ランキングでトップになった実績のある人材紹介会社。30代と40代を主なターゲットとして、エグゼクティブ層の求人を扱っています。カウンセラーは米国CCE認定資格を有する。

本ランキングは掲載求人数、ヘッドハンター数、利用者満足度等を考慮して設定しております。

 

出来る限り多くの求人情報から自分に合う仕事を探したいと考えられている方は、

ビズリーチ 』と
キャリアカーバー 』への登録がおすすめです。

ビズリーチとキャリアカーバーの詳細比較結果につきましては、こちらの記事で詳細を記載しておりますので参考にして頂ければと思います。

 

上記2サイトに加えて、

更に多くの求人情報を見たい方は
DODAハイクラス

英語での仕事を希望されている方は
JACリクルートメント

プロの資格を持った方に相談したいという方は
クライス&カンパニー

へも登録頂ければと思います。

 

夫々の転職サービスに関する詳細や、ヘッドハンティングサイトの説明、転職サービスを利用する上での注意点等を、以下の通り纏めましたので少しでもお役に立つ事が出来れば幸いです。

 

目次

エグゼクティブ・ハイクラス層や管理職への転職求人サイトおすすめランキング

2017年は、

  • タカタの民事再生法申請
  • 東芝の経営危機
  • 神戸製鋼の検査データ改ざん問題

等があり、大企業でも安泰ではないと感じさせられた1年でした。

 

 

大企業に勤められている方も、

「会社が守ってくれる」

という考えから、

「変化に適応しないといけない」
「自分の身は自分で守らないといけない」

との考えにシフトした方は多いのではないでしょうか。

 

 

近年、ハイクラス人材向けの転職市場は成長してきており、上を目指されている方には追い風が吹いていますので、

転職に少しでも興味がある方は、この機会に一歩を踏み出しては如何でしょうか。

 

上のステージを目指されている方におすすめのエグゼクティブ・ハイクラス層向け転職サイトの詳細は以下の通りですので、

あなたに合った転職サービスを選ばれる際に少しでもお役に立つことができれば幸いです。

ビズリーチ (BIZREACH)

対応地域: 日本全国

ビズリーチは、日本で初めてヘッドハンティングの仕組みを導入した、日本最大級のハイクラス限定転職サイトです。

本サイトへの登録者数は40万人以上おり、他のエグゼクティブ・ハイクラス層向け転職サイトと比較して非常に多く、2,000名以上のヘッドハンター数は他サイトを圧倒しています。

又、キャリアカーバーにはない、「企業からの直接スカウト機能」があるのもこのサイトの魅力です。

 

  • ヘッドハンター数は他社を圧倒
  • エグゼクティブ・ハイクラス向けの国内最大級の会員制転職サイト
  • ヘッドハンターと企業の両方からもオファーを受けられる
対応地域 日本全国(関東、関西、北海道、東海、東北、甲信越、北陸、中国、四国、九州、沖縄)
対象者 年収600万円以上の方
求人数 約80,000件以上 (別途、非公開求人あり)
ヘッドハンター数 約2,000人
得意な業界・職種 IT・インターネット、メーカー、商社、流通、コンサル、マスコミ、金融、建設、その他
登録者数 40万人以上
登録方法 公式サイトでのWEB登録
(レジメ登録後、ヘッドハンターのスカウト受信、ヘッドハンター選択も可)
登録料金 無料プランと有料プランあり
運営会社 株式会社ビズリーチ
公式サイト https://www.bizreach.jp/

 

ビズリーチは以下の様な方におすすめです。

  • 出来るだけ多くの求人情報から自分に合う仕事を探したい方
  • 年収が600万円以上ある方
  • ヘッドハンターからだけではなく、企業からも直接オファーを貰いたい方
  • 有料でもいいので、よい条件の仕事を探したい方

 

ビズリーチの特徴

ビズリーチの特徴は何といっても、他のエグゼクティブ転職サイトを大きく超える、ヘッドハンター登録数や求人情報数でしょう。

又、ビズリーチは、新規会員登録時に全ての方を対象に審査が実施される事も覚えておきましょう。

審査を行う理由は、ビズリーチに掲載の求人への申込み条件を満たしているかを確認する為です。

これで分かるのは、本当に応募者を厳選したいエグゼクティブ・ハイクラス層向けの案件があるという事でしょう。因みに、審査結果が分かるまではおよそ3日必要で、その審査基準は明らかにされておりません。

ビズリーチの会員登録から内定までの流れ

  • 公式サイトで会員登録(無料)
  • 匿名レジュメ(履歴書)作成
  • ヘッドハンターからのスカウトを待つ
  • ヘッドハンターを選択
  • ヘッドハンターと面談
  • 企業との面接
  • 内定

上記の、ヘッドハンターを通しての転職サイトとは別に、企業からのスカウト信へ直接回答する等、企業との直接のやりとりで転職活動を進めるという方法もあります。

ビズリーチ有料会員(プレミアム)のメリットと金額

ビズリーチの有料会員であるプレミアムステージを利用するメリットは、求人検索からの応募、スカウト内容の確認・返信といった、ビズリーチが提供している全ての機能を利用できることです。

無料会員であっても、ビズリーチサイト内に掲載の求人確認といった、一部の機能は利用できます。

有料会員の会員金額は、以下の通り会員の種類によって異なります。

  • タレント会員 2,980円 (30日間)
  • ハイクラス会員 4,980円 (30日間)

あなたがタレント会員か、ハイクラス会員かは、ビズリーチへの会員登録時に記載の年収といった情報を参考にし、ビズリーチ独自の方法で決定されます。つまり、どちらの会員になるかは自分では選べないのです。

又、面談や面接が確約された「プラチナスカウト」というものがあり、企業やヘッドハンターから送付される事があるのですが、無料会員であっても返信できますので、必ずしも有料会員でないと転職活動を進められないという訳ではありません。

ビズリーチのスカウトは2種類

先の項目で少し紹介致しましたが、ビズリーチに登録して、あなたが受け取れるスカウトには2種類あります。

1つはプラチナスカウトで、
もう1つが通常のスカウトです。

プラチナスカウトとは、面談や面接が確約されたスカウトです。

企業やヘッドハンターが、あなたの登録したレジュメを見て、その仕事に求めている経験や能力を備えていそうだと判断して送るものです。無理会員(スタンダード)でも、有料会員(プレミアム)の方でも、プラチナスカウトの閲覧と返信が可能です。

一方で、通常のスカウトは、あなたの経歴や能力に興味を持ったヘッドハンターから送られるもので、有料会員(プレミアム)のみが、スカウトの内容確認と返信が出来ます。

レジュメ登録での入力項目

  1. 職務経歴
  2. スキル
  3. 職務要約
  4. 希望条件 (業種、職種、年収、勤務地、興味がある働き方)
  5. 基本情報 (経験職種、経験業務、学歴、年収、語学力、海外経験)

現時点からの給料アップや、キャリアアップを目標としている方は、レジュメを丁寧に作り込む事が大切です。

レジュメに詳細な情報を記載すればするほど、ヘッドハンターや企業からのスカウトの数が増えるでしょう。

ビズリーチに会員登録すると、ヘッドハンターや企業にあなたのレジュメが公開されますが、氏名、電話番号、メールアドレス、生年月日は公開されませんので、匿名で安心して転職活動を進める事が出来ます。

上記の項目は、仕事への応募、またはスカウトへ返信される際に、あなたが同意した場合に限って公開されます。

あなたの現在のお勤め企業や、取引先等、特定の企業に対してレジュメを非公開に設定できますので、あなたがビズリーチに登録していることがバレる事はありません。

ヘッドハンターの選択

ビズリーチでは、登録者からヘッドハンターへ連絡し、キャリアについて相談する事が出来ますが、このサービスは有料会員であるプレミアムステージの方に限定されております。

ビズリーチの利用特典・キャンペーン

ビズリーチを通して転職が決まり、アンケートを答えられた方には、Amazonギフト券5,000円がプレゼントされるキャンペーンを実施されております。

ビズリーチのまとめ

ヘッドハンターや求人数はとても多く、有料のプレミアムステージも登録後30日なら無料で利用できる為、エグゼクティブクラス・ハイクラス層での転職を検討されている方は迷わずに登録してよい転職サイトと言えるでしょう。

但し、ビズリーチと提携しているヘッドハンターはとても数が多く、全てが優良とは言えませんので、ヘッドハンターランクや、ヘッドハンターとのコミュニケーションを注意深く確認して、信頼できるヘッドハンターか見極める必要があります。

 

 

キャリアカーバー(CAREER CARVER)

対応地域: 日本全国

他社と比較し、エグゼクティブ・ハイクラス層への転職に強みあり。 又、ビズリーチで有料である「求人検索からの応募」もキャリアカーバーでは無料である点が魅力的。

ヘッドハンターは、リクルートグループのエース級人材が選ばれており、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で取り上げられた方が在籍しているのは有名です。番組でのヘッドハンター紹介記事はこちら

 

  • 紹介される求人だけでなく、自分でも求人の検索や応募が可能
  • 優れたヘッドハンターのコンサルが受けられる
  • ヘッドハンターの選択が可能
対応地域 日本全国(関東、関西、北海道、東海、東北、甲信越、北陸、中国、四国、九州、沖縄)
対象者 年収600万円以上の方
求人数 約13,500件以上 (別途、非公開求人あり)
ヘッドハンター数 約1,000人
得意な業界・職種 IT・インターネット、メーカー、商社、流通、コンサル、マスコミ、金融、建設、その他
登録者数 非公開
登録方法 公式サイトでのWEB登録
(レジメ登録後、ヘッドハンターのスカウト受信、ヘッドハンター選択も可)
登録料金 無料
運営会社 株式会社リクルートキャリア
公式サイト https://careercarver.jp/

 

キャリアカーバーは以下の様な方におすすめです。

  • 紹介される求人だけでなく、自分でも求人を検索し応募したい方
  • 年収が600万円以上ある方
  • 優れたヘッドハンターのコンサルを受けたい方
  • ヘッドハンターを自分で選びたい方

 

キャリアカーバーの特徴

キャリアカーバーは、人材サービス国内最大手リクルートグループのリクルートキャリアが運営している、エグゼクティブ・ハイクラス層限定の転職サービスです。

同社は他の総合転職エージェントとは全く異なるサービスを提供しています。

それは、同社が提携している実績豊富なヘッドハンターの中から、登録者自ら自分に合ったヘッドハンターを選択できるというもので、エグゼクティブ・ハイクラス層に人気のサービスです。

ヘッドハンターの経歴等を確認し、登録者が希望するキャリア形成に強みをもつ方を選択する事により、効率的に就職活動を行うことができます。

又、キャリアカーバーの求人は、登録対象者の年収の目安を600万円以上と定める事により、エグゼクティブ・ハイクラス層向けの高い質の案件が多く集められています。

他のハイクラス人材紹介サービスで、希望の求人情報を得られなかった方にもオススメのサイトです。

キャリアカーバーの会員登録から内定までの流れ

  • 公式サイトで会員登録(無料)
  • 匿名レジュメ(履歴書)作成
  • ヘッドハンターからスカウト
  • ヘッドハンターを選択
  • 個別面談(希望者のみ)
  • 企業との面接
  • 内定
  • 年収等の条件交渉

キャリアカーバーの登録の流れは上記の通りです。

キャリアカーバーへの登録には、公式サイトでの会員登録と、レジュメ登録の2つが必要です。

公式サイトからの会員登録は2~3分で完了します。

「会員登録したから後は待つだけだ!」

と考えるのは少し早いです。

キャリアカーバーのサービスを受けるには、会員登録をした後、指定URLにて匿名のレジュメ登録を行う必要があります。 レジュメを登録すると、リクルートによって厳選された優秀なヘッドハンターに情報が共有され、あなたの経歴やスキルに合った求人情報を持っているヘッドハンターより、スカウトメッセージが届く仕組みです。

又、リクルートが提携しているヘッドハンターのプロフィール(経歴、業界経験年数、学歴、自己PR、転職斡旋実績など)を確認し、今後のキャリアについて相談したいヘッドハンターを自ら選ぶことが可能です。

会員登録された方には、一部の非公開求人が公開され、自分から自由に応募できるようになる点はキャリアカーバーの特徴ですので、ヘッドハンターからの紹介を待たずとも、興味のある求人に応募してみても良いでしょう。

レジュメ登録での入力項目

  • 基本情報 (業種、職種、年収、勤務地など)
  • 職務経歴
  • 学歴
  • 語学・資格情報
  • 希望条件 (業種、職種、年収、勤務地など)

レジュメとは就活で書かれたエントリーシートのようなものです。

エグゼクティブ・ハイクラス層であっても、更なる年収アップ、キャリアップを目指されている場合は、このレジュメ登録は重要ですので、可能な限り丁寧に詳細まで記載される事をオススメします。

レジュメは詳細まで記載するほど、ヘッドハンターからのスカウトメールの量は多くなります。 ヘッドハンターからのメールは、キャリアカーバー会員登録後のマイページに届きますので、興味を持った求人情報があればヘッドハンターへ連絡し、個別面談を行い話を進める事ができます。

又、登録したレジュメは全て匿名で、なおかつ公開先もヘッドハンターのみですので、ご自身の個人情報が企業の採用担当者には見られません

ヘッドハンター検索機能の利用方法

先にご紹介致しました通り、キャリアカーバーにはヘッドハンターを検索機能し選択出来るという特徴があります。

  • 担当業種
  • 担当職種
  • 業種経験年数
  • 勤務地
  • フリーワード

などといった検索すると、各ヘッドハンターの情報が一覧で表示されます。

「この方なら希望に沿った求人を紹介してもらえるかもしれない!」

と感じたヘッドハンターがいれば積極的に連絡をとっていくと良いでしょう。これは、あなたが希望する求人内容と、ヘッドハンターより紹介される案件のミスマッチを出来る限りなくす為に重要です。

又、気になるヘッドハンターのプロフィールや学歴、外国語能力に資格情報など、様々な情報の確認が可能です。

ヘッドハンターからのスカウトメール

ヘッドハンターの選び方につきご説明致しましたが、どのヘッドハンターに求人相談をすればいいのか悩んでしまうという方も少なくありません。 そもそも、ヘッドハンターに馴染みがある人の方が少ないので、当たり前かもしれません。

そんな方は、ヘッドハンターから送付されるメールを待つのもいいでしょう。

その際は、レジュメの完成度が重要になってきますので、レジュメでしっかりとご自身の強みがアピール出来ているか再度確認しましょう。 エグゼクティブ・ハイクラスなポジションであるほど、一般に公開されておりませんので、あなたに合った非公開の仕事をヘッドハンターに探してきてもらうためにも、レジュメの精度を上げる事はとても重要です。

キャリアカーバーの登録特典

キャリアカーバーに会員登録して転職に成功されますと、Amazonのギフト券をプレゼントしてくれるキャンペーンを実施中です!

近日中の登録を検討されている方は、キャンペーンがある今のタイミングでの登録がオススメです。

キャリアカーバーの情報漏洩問題

2015年に委託先企業の社員26名へ、誤って約3万7千人の会員情報を送付してしまったという情報漏洩問題が発生しました。 しかし、以下ホームページ記載の通り、既にシステム改修で再発防止が図られている旨が発表されておりますので、現在は安心して利用できるでしょう。
↓  ↓  ↓
https://www.recruitcareer.co.jp/news/information/2015/151204-01/

キャリアカーバーのまとめ

ヘッドハンティング企業には、転職させた実績が乏しい企業や、信用が低い企業も存在しますが、リクルートグループの運営するキャリアカーバーなら、ヘッドハンター登録基準が厳しく、その様な心配はありません。

エグゼクティブクラスや、ハイクラス層での転職を必ず成功させたいと考えている方には、キャリアカーバーは登録必須なサービスの1つと言えるでしょう。

 

 

DODA(デューダ)ハイクラス

対応地域: 日本全国

日本最大級の転職エージェントであるDODAのエグゼクティブ層・ハイクラス層向けの転職サービスです。

DODAは転職エージェントですが、求人サイトとしても利用でき、他の転職サイトと比較しても、独占求人が多く、求人の質も高いのが人気のポイント。 又、取り扱っている非公開求人の多さと、上場企業の案件取扱いが多い点も魅力的。

レジュメ(履歴書・経歴書)の書き方から面接対策といった点まで広いサポートが受けられます。 DODAの案件紹介範囲は全国で、IT、技術、クリエイティブ、企画系に強みがあります

 

  • 求人サイトとしても利用可能
  • 自分を客観視できるキャリア診断ツールが利用できる
  • IT業界に強みあり
対応地域 全国に対応(北海道、東北、関東、東海、関西、中国・四国、九州・沖縄)
対象者 年収700万円以下で年収アップを希望されている方
求人数 年収700万円以上の求人が15,000件以上
ヘッドハンター数 非公開
得意な業界・職種 IT業界関連求人全般、クリエイティブ、企画、営業職・エンジニア職
登録者数 非公開
登録方法 公式サイトでのWEB登録
登録料金 無料
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公式サイト https://doda.jp/executive/

 

DODAハイクラスは以下の様な方におすすめです。

  • 現在の年収が700万円以下で年収を上げたい方
  • 自分を客観視できるキャリア診断ツールに興味がある方
  • IT業界に興味がある方

 

DODAハイクラスの特徴

DODA取扱いの求人情報はその8割がサイトにて公開されていない非公開の求人ですので、求人サイトで探せなかった求人情報も転職エージェントサービスへの登録で見つかる事があります。

又、DODAでは転職のプロフェッショナルがキャリアカウンセリングから、企業への応募、選考結果フィードバック、面接スケジュール調整といったことまでサポートしてくれます。 その他にも、企業の採用担当者にアピール出来るレジュメ作成サポートや、面接前後での手厚い支援が受けられます。

DODAハイクラスのスタッフは、レジュメで伝えられない応募者の人柄や希望を、推薦状として纏めてレジュメに追加し、求人への応募時に企業へ提出するというケースもあります。

DODAハイクラスの登録から内容までの流れ

  • 公式サイトから登録
  • キャリアカウンセリング
  • 求人情報の紹介等
  • 企業への推薦
  • 選考・面接
  • 内定・入社

先ずは公式サイトの登録フォームに必要事項の入力をして、会員登録する必要があります。

登録後1~2週間でDODAハイクラスより連絡があります。希望する仕事への内定・入社までキャリアアドバイザーが手厚くサポートしてくれます。

DODAハイクラスのおすすめ転職支援サービス

DODAハイクラスへの登録で、様々なサービスが受けられるのですが、その中でもおすすめのサービスを3つご紹介します。

キャリアタイプ診断・年収の査定

DODAハイクラスには、キャリアタイプ診断というサービスがあり、今までのあなたのキャリアから適正年収を算出したり、あなたのキャリアタイプを診断する事ができます。

このサービスは、自分の事を客観的にとらえられるという点でとても参考になり、レジュメ作成や面接のアピール等で役立つでしょう。

大手企業の合同面談会への参加

通常は求人情報を公開していないような大手企業が集まる合同の面談会をDODAハイクラスは主催しています。

この合同面談会は、業界や職種別に行っております。この会に参加すれば、企業の方に直接聞きたい事が聞けるだけでなく、様々な企業と一度に話しが出来ることで、効率よく情報を集める事が出来ます。

スカウトや、ヘッドハンティングの利用

DODAハイクラスは、会員登録して経歴を掲載することで、DODAハイクラス登録企業やDODAの提携企業からスカウトやヘッドハンティングが受けられます。

DODAハイクラスのまとめ

国内大手の転職エージェントであるDODAのサービスですので、紹介可能案件数が多数あるのが特徴です。

IT業界の転職に強みがありますので、IT業界で年収700万円以上を目指している方には是非登録頂きたい転職サイトです。

 

 

JACリクルートメント

対応地域: 日本全国・海外

JACリクルートメントは外資系ということもあり、他の転職エージェントと比較して圧倒的に英語を使う仕事に強いです。

経理や人事、そして外資系が多いメディカル業界にて多くの実績があります。 同社には専門性が問われる転職市場に合わせて、業界別のプロのコンサルタントがいる事が特徴です。

 

  • 英語やその他の言語力を活かせる
  • マネジメント経験や、海外での勤務経験を活かした転職が可能
  • 現時点で年収が500万円ある方が対象
対応地域

東京、埼玉、横浜、静岡、名古屋、大阪、京都、神戸、広島にて面談可能

海外の求人ではアジア圏が中心 (シンガポール、インドネシア、マレーシア、タイ、中国、香港、韓国、イギリス)

対象者 年収500万円以上の方
求人数 15,000件以上 (非公開求人含む)
ヘッドハンター数 約550名 (コンサルタント)
得意な業界・職種 外資系、海外企業に強みあり
登録者数 年間約5万人
登録方法 WEB登録(登録後、面談を行い求人紹介)
登録料金 無料
運営会社 株式会社 ジェイ エイ シー リクルートメント
公式サイト www.jac-recruitment.jp

 

JACリクルートメントは以下の様な方におすすめです。

  • 英語やその他の能力がある方
  • マネジメント経験や、 海外での勤務経験がある方
  • 現時点で年収が500万円ある方

 

JACリクルートメントの特徴

ハイクラス人材かつ、専門性のある職種の方で、年収500万円以上の方が本サービスの対象です。

他のハイクラス向けの転職サービスと異なる点は、英語を使う仕事、外資系企業、海外企業への転職に強みがある点です。 JAC リクルートメントグループは、アジアで最大級のネットワークを持つ転職支援会社のひとつです。

英文の履歴書の添削や、英語面接対策、中国語レベルチェックといった、様々ななサービスを無料で受ける事ができます。

JACリクルートメントの登録から内定までの流れ

  • 会員登録
  • 面談、求人紹介
  • 書類審査、面接
  • 内定、入社
  • 入社後のフォロー

WEBでの会員登録の後、JACリクルートメントのコンサルタントと面談を実施。

あなたの転職先に関する要望、今までの経歴、適性、業界の動向といった項目を考慮して、キャリアプランやあなたの条件に合う国内外の求人情報を紹介してくれます。

JACリクルートメントのまとめ

JAC Recruitment(リクルートメント)は他の転職エージェントと比べて英語を使う仕事に強く、キャリアコンサルタントの多くが、日系企業だけでなく外資企業を扱っており、国内外問わず、あなたの希望する仕事を提案する事が出来ます。

転職先を日本国内に絞っていない方には、転職先の可能性を広げてくれるエージェントとなるでしょう。 外資系企業は一般的に日系企業より待遇がよいため、日系から外資系企業への転職によって年収が増えるという事例も少なくありません。

又、同社は転職希望者へのコンサルティングと、求人企業へのコンサルティングの両方を一人の同じキャリアコンサルタントが担当するリクルートメント・コンサルタント制を採用している事からも、採用プロセスが早い外資系企業への応募に強みがあることが分かります。

 

 

クライス&カンパニー

対応地域: 関東エリア

30歳以上のマネージャークラス以上の求人にフォーカスしている転職サービスです。

クライス&カンパニーのコンサルタントは、年に100時間以上の研修を受け、とても高いコンサル能力を有しているのが特徴で、リクナビNEXTで公表している満足度ランキングでNo1に選ばれた実績があります。

 

  • 米国CCE認定資格をもつプロのカウンセラーと相談可能
  • 30代、40代のマネージャークラスの転職が主なターゲットのサイト
  • ITやコンサル業界の転職に強い
対応地域 関東エリアが中心(東京、千葉、埼玉、神奈川)
対象者 30・40代で関東勤務の方
求人数 10,000件以上 (非公開求人含む)
ヘッドハンター数 約20名 (コンサルタント)
得意な業界・職種 IT・通信関連、コンサル、インターネットサービス、消費財・サービス、その他
登録者数 非公開
登録方法 WEB登録(登録後、電話・メール等・来社でのカウンセリング&仕事紹介)
登録料金 無料
運営会社 株式会社クライス&カンパニー
公式サイト https://www.kandc.com/

 

クライス&カンパニーは以下の様な方におすすめです。

  • 米国CCE認定のGCDF資格をもつプロのカウンセラーに相談を受けたい方
  • 30代、40代のマネージャークラスの方
  • ITやコンサル業界のハイクラス求人を探されている方
  • 関東に住まわれている方

 

クライス&カンパニーの特徴

30代からの転職に強みがあり、 求人情報の約75%がマネージャークラス以上の非公開求人です。

30代・40代はサラリーマンやキャリアウーマンのキャリア形成で非常に重要な時期です。 クライス&カンパニーは、その重要な時期のキャリアステップを主に手掛けており、転職を希望されている方の希望条件と適正を慎重に見極めて、その方にふさわしい企業を提案しています。

相談に乗ってくれるコンサルタントは、GCDFというキャリアカウンセリングの国家資格を持っており、ハイクラス層の転職に相応しい支援を受けられます。 又、クライス&カンパニーではヘッドハンティングの他に、掲載求人へ自ら応募する方への転職サポートも行っております。

今すぐの転職を考えていない方には、プレエントリーという制度がありますので、転職を迷われている方におすすめです。

会員登録での入力項目

先ずは公式サイトにて以下の項目を入力して登録を完了させましょう。

  • 卒業学校名
  • 現在勤務の企業名
  • 職種
  • 年収
  • 職務内容

クライス&カンパニーの登録から内定までの流れ

  • WEBサイトで会員登録
  • 専任コンサルタントによる面談 (職務経験やキャリアプランについて)
  • 企業への応募・面接
  • 内定・入社

以上が内定までの流れです。
料金は求人掲載企業が成功報酬としてクライス&カンパニーへ支払うため、個人の利用者は無料でサービスを受けられます。

クライス&カンパニーのまとめ

この転職サイトの特徴はなんといっても、コンサルタントが米国CCE認定のGCDF資格をもっているという事でしょう。

キャリアカウンセリングのプロに今後のキャリアについて相談されたいと考えられている、関東にお住まいの方にはクライス&カンパニーは外せないサービスの一つと言えるでしょう。

 

 

エグゼクティブ・ハイクラス、管理職の人材とは

本記事ではエグゼクティブ・ハイクラス層や管理職の方へ適した転職サイトを紹介しておりますが、そもそもエグゼクティブ・ハイクラス層や管理職とは具体的にどのような役職を指すのかを説明させて頂きます。

エグゼクティブ・ハイクラス層や管理職を指す役職名については、転職エージェントによって多少理解が異なる部分がありますが、殆どの場合は以下の方々を指すと考えて頂いてよいでしょう。

  • 社長、執行役員、本部長、部長、室長、次長、課長
  • プレジデント、ダイレクター、ゼネラルマネージャー、グループリーダー、チームリーダー、シニアマネージャー、マネージャー
  • CEO、CFO、COO、CTO
  • 上記役職以外の方で、年収500~600万円以上の大企業の社員や、特別な資格を有する方

勿論、企業によって役職名や、役職の権限などが異なりますので、あくまでもひとつの目安として参考にして頂ければと思います。

次に、エグゼクティブ・ハイクラス層や管理職の求人情報を見つけられる3つの求人についてご説明致します。

公開求人

一般に公開されている求人情報としては、ハローワークの求人、企業の公式サイトでの募集、転職サイト、雑誌や新聞への求人情報掲載等が挙げられますが、エグゼクティブ・ハイクラス層や管理職の求人情報は殆ど掲載されません

非公開求人

エグゼクティブ・ハイクラス層や管理職の人事は、水面下で調整されるものが殆どです。

そして、それら求人情報の大部分が、ハイクラス専門の転職サイトや転職エージェントにて非公開で取り扱われています。 企業では、社長と人事担当の役員だけで、その他の役職者にも知らせず、エグゼクティブ・ハイクラス人材専門の転職サービスを用いて、採用活動を行うこともあります。

その他の求人

その他の求人としては、コネや縁故で、親類や友人、そして取引先から声が掛かるという事もあります。

チャンスを多く持つ為にも、常に周囲から信頼されるように行動することを心掛けたいものです。 但し、コネや縁故での転職は、給料や休みといった労働条件や、職場での立場が明確ではないことがありますので、入社前にきちんと確認することが大切です。

 

ヘッドハンティングサイトとは

ヘッドハンティングとは、優れた人材を社外からスカウトする採用方法で、企業より依頼を受けた人材紹介企業のヘッドハンターが、人材を探して転職に繋げることです。

そして、ヘッドハンティングサイトは、そのヘッドハンターによって転職を行う求人サービスであり、本記事で紹介しているビズリーチやはキャリアカーバーがそれにあたります。

他の企業が提供しているコンサルタントでの求人紹介サービスとは異なる点は、登録者が直接企業やヘッドハンターと直接繋がることができることです。

ヘッドハンター利用の注意点

次に、ヘッドハンターのサービスを効率よく利用する為の注意点をご紹介致します。

「転職で今より給料を上げたい!」

という強い気持ちを持っているのであれば、サイト登録後にただヘッドハンターからの連絡を待つという事はせず、応募者からもヘッドハンターへ積極的に連絡を取りましょう。

ヘッドハンターと連絡を取る上で注意すべき事は、ヘッドハンターからの連絡や案件紹介に対して、きちんと返信し、良好な関係を築くことです。

ヘッドハンターは、企業との信頼関係を長い期間をかけて築いています。その関係を、きちんとコミュニケーションが取れない求職者を紹介することで、悪くしたくはありません。 ヘッドハンターに良い印象を持ってもらい、「紹介したい人」と思ってもらう事が大切ですので、ヘッドハンターとの連絡は丁寧に行いましょう。

又、多くのヘッドハンターからスカウトメールを受取るためには、レジュメを詳細まで記載する事がとても重要となります。 エグゼクティブ層やハイクラス層であっても、収入アップ、キャリアアップを目指している場合、レジュメ登録は必須でとても重要ですので、できるだけ丁寧に細かく書くように心掛けましょう。

転職サービスを利用する際の注意点

次に、エグゼクティブ・ハイクラス層の転職を成功させるために注意すべき項目をご紹介します。

担当ヘッドハンターやコンサルタントをしっかり評価

担当のヘッドハンターやコンサルタントの方について、価値観や雰囲気が合わない、信頼できないという事があれば、転職サービス会社に担当変更を気兼ねなく頼んでみましよう。

転職は人生での大きな分岐点です。その様な大事な選択をする際に、頼ることができる人がいないという事は非常に辛いので、何か不満を感じられるなら変えてもよいと考えます。

担当者の変更がどうしても困難であれば、他の転職サービスでよいヘッドハンターやコンサルタントを探しましょう。

すぐにでも転職したい旨を伝える

ヘッドハンターやコンサルタントと面談する際に必ず聞かれる項目のひとつが転職希望時期です。

この項目につきましては「条件の合う仕事があればいつでも転職したい」と伝えるように心掛けましょう。

そうすれば、ヘッドハンターやコンサルタントは、あなたなら早期に契約に繋げられると考え、積極的に案件紹介をしてくれるようになり、結果的にあなたに合った仕事に早く出会えるという確率も高くなります。

転職サービスに登録後は、頻繁に情報を更新する

転職サービス上で更新日が古い場合、既に転職先が決定したとみられ、ヘッドハンターやコンサルタントから連絡が来なくなる可能性が高いです。

出来る限り2~3週間に1度は転職サイトの会員ページにログインし、登録内容をアップデートされる事をおすすめします。

ヘッドハンターやコンサルタントが人材を探す場合、転職サイトに登録されている情報から探すのですが、その情報は更新日順に表示されております。

資格や経歴といった条件が同じであれば、更新日の新しい方から順にコンタクトをしていきますので、全く更新していない場合、よい経歴をもたれていても自動的に選ばれる確率が低くなる可能性があります。

レジュメには正しい情報を記載

転職サービスの会員登録内容や、サービス内でのメールのやりとりは基本的に残ります。

転職を複数回行われている方や、期間をあけて転職活動を再開される方は、登録内容が以前と異なる、面談での話と異なるという問題を発生させないために、レジュメには正しい情報を記載するようにし、虚偽内容を登録する信頼できない人材としてレッテルを貼られないように気をつけましょう。

企業への推薦文を確認

ヘッドハンターやコンサルタントが企業とあなたを繋げる際には、企業側へあなたを紹介する推薦文を書く事があります。

適当なヘッドハンターやコンサルタントの場合、レジュメ内容を転記しただけのものとしている場合がありますので、面接時の参考にさせて頂きたいという事で、可能であれば確認させて頂けるよう申し入れましょう。

複数の転職サービスから同じ案件に応募しない

いくつかの転職サービスを用いて転職活動を行っている方は少なくないと思いますが、異なるサービスやヘッドハンターを介して同じ案件に応募する事は避けましょう。

企業側では同じ人物からの応募という事はすぐに分かりますし、そこから転職サービスやヘッドハンターに情報が伝わり、あなたへの案件紹介が出来なくなるという可能性があります。

口コミサイトで会社の評判を調査

優良なヘッドハンターやコンサルタントであれば、紹介企業について不安点についても説明してくれると思います。

しかし、とにかく転職をさせて成績を上げたいヘッドハンターやコンサルタントであれば、なかなかデメリットは教えてくれない事もありますので、ちちんと転職先の企業を理解するためにも口コミサイトで評判を確認するようにしましょう。

口コミサイトではVokersが有名で、殆どの上場企業についての口コミが登録されていますので参考にしてみて下さい。

まとめ

優秀なヘッドハンターに転職の相談をしたい、出来るだけ多くの求人情報から自分に合う仕事を探したいと考えられている方は、以下の2社がおすすめです。

 

ビズリーチ 』|ヘッドハンター数は他サイトを圧倒

キャリアカーバー』|求人検索も可能

 

さらに多くの求人を見たい、外資系への転職を希望している、プロの資格を持ったコンサルタントと相談したいという方は以下の3社に追加で登録してもよいでしょう。

 

DODAハイクラス』|日本最大級の転職エージェント

JACリクルートメント』|外資案件に強い

クライス&カンパニー』|コンサルは米国CCE認定資格を保持

 

時間に余裕のある方は、数社に登録して、夫々のコンサルタントから話を聞くだけでも、様々な角度からあなたのキャリアについてアドバイスがもらえ、新たな働き方の発見に繋がるかもしれません

本記事があなたの転職に少しでも役立つことが出来れば幸いです。

コメントを残す

このページの先頭へ