副業が会社にばれる前の対応策とは?

副業を行っている事につき、

他人に知られて嬉しい人はいないでしょう

 

副業が誰にもバレて欲しくない場合は、

以下3点を心掛けましょう。

 

  • 誰にも話さない事
  • なるべく人との接点がない仕事を選ぶ事
  • そして会社となるべく距離が離れた場所で働く事

しかし、

どれだけ気を付けていても、

思いがけない事から

副業がバレてしまう事があります。

 

【おすすめ記事】あなたには転職と副業のどちらが向いている?

例えば、

 

他人に携帯を見られた

鞄の中身の副業に関する資料を見られた

副業現場を見られたという事から、

副業をしている事が

広まっていく可能性があるでしょう。

 

会社の上司や仕事関係者に

副業がバレてしまった時に、

焦った態度を見せてしまい、

悪い事をしてると捉えられるより、

 

事前に正当性のある説明を用意し、

本業には支障をきたさないことを

きちんと説明できるようにしておきましょう。

副業が会社にばれる前に説明

可能であれば、

副業を開始する前に、

スポンサーリンク

直属の上司に副業について

説明しておく事も一つの案です。

 

会社の同僚や後輩に

副業がバレたとしても、

上司さえ理解し、

認めてくれさえすれば、

心置き無く副業を続けられるでしょう

 

上司の仕事には、

部下の為に働きやすい環境を

整える事も含まれます。

 

副業が理由で

本業の効率が低下するようでしたら、

上司としては放っておけません。

 

上司とよい関係が築けているなら、

副業をしないといけない理由や、

本業への影響を伝える為に

相談してもよいでしょう。

 

もし、

副業での経験や知識が本業に活かせるのなら、

上司も納得してくれて、

副業につき容認してくれる

可能性もあります。

 

但し

副業につき相談できるのは、

 

あなたとよい関係を築けていて、

話のわかる上司に限ります。

 

 

信頼関係が築けていない、

又は理解がない上司だと、

相談しても、

かえってあなたの評価を下げる

結果となる可能性があります

まとめ

副業につき、

事前に上司に相談してもしなくても、

「副業につき容認できない」と

上司に言われた時の為に、

きちんと副業をする理由につき

考えておくことが重要です。

コメントを残す

このページの先頭へ