副業の正しい選び方!あなたはその副業続けられますか?

副業の選び方

今のご時世、リストラや会社の倒産で仕事を失う事は珍しくなくなってきました。そんな会社の倒産やリストラで職を失った方に「仕事は様々な種類があるから、とにかく働いてみたら。」とアドバイスする人は、短期的な視点でしかその人のことを考えていないといえるでしょう。

確かに、背に腹は代えられぬ状況で、仕事を選ぶなんて贅沢、生活の為に何でもやったらいいじゃないかと思ってしまいますが、本人の個性や仕事との相性を無視して、1つに絞ることはおすすめ出来ません。

がむしゃらに働いて、生活費を稼げたとしても「この仕事は自分に合っていない」と辞めてしまえば、再び求職活動が始まります。

副業も本業と似ており、自分の適性を見極めて選ぶ事が重要です。「一時的に生活費が稼げれば成功」ではなくて「いつでも継続可能」という要素が加わることで、あなたにとっての本当の副業に変わるでしょう。

一時的な収入だけで副業を選んだ場合
(体力勝負で短期で稼げるバイト等を想定)

スポンサーリンク
  • お金が必要との気持ちに追い詰められて、疲労やストレスに鈍感になる
  • 楽しさを考えず選んだ副業であり、想像以上に辛い
  • 長く続けられず継続的な副収入とはならない

自分の興味や関心を重視して、業種と職種を絞るのが正しい副業の選び方!本業とのバランス、報酬を考慮して選びましょう。

 

続けられる副業

副業を始めた動機につき、副業の経験人にインタビューすると、お金儲けが理由で始める人と同じくらい、趣味や気分転換などのリラックス効果を求めて始められている人がいました。

更に、1年以上副業を継続出来ている人からは「続けられているのはその副業が好きだから」という声が多くありました。

あなたも本業では、日々上司やお客様の強いプレッシャーを受けながら働いているのではないでしょうか? 仮に副業でもストレスが掛かり、疲れが溜まっていく様ではたまったものではありません。

その様な意味でも、副業は可能な限り、楽しさが感じられ、何かしらあなた自身が興味をもって取り組める仕事を選ぶ事が、副業を継続して取り組む上で重要なのです。

時間、体力、気力で不安を抱え、一時的な収入だけを求めて、無理に副業を始めても、モチベーションは保てませんのでよく注意して副業を選びましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ