サラリーマンが副業する際のデメリットは?

副業で疲れてませんか?

自分では「本業と副業の両立はできている」と思っていても、本業中に眠くなったり、仕事でのミスが多くなる事で、「最近、仕事に身が入っていない」上司や同僚に気付かれているかもしれません。

【人気記事】サラリーマンやOLが副業で注意すべき4項目

本気で本業に取り組んでいる上司や同僚との温度差が開いていくと、周囲からの信用を失い、挽回することが難しくなってきます。

会社での実績が悪くなり、業務評価も下がり、長期的に見れば本業での収入が減少する可能性もあります。

追加収入を得る為の副業の影響で、本業の収入が減ってしまっては本末転倒です。

副業のデメリット

副業をする場合、本業に対して以下のようなデメリットが出てくる事が考えられます

スポンサーリンク

 

  • 疲れやストレスで本業の効率低下
  • 機密事項が社外に漏れる
  • 本業の販売ルート等が副業に使われる
  • 取引先の個人情報が社外に漏れる

 

副業が本業に影響を与えている事が会社にばれると、会社の就業規則はより一層副業に厳しくなる可能性もあります。

自分が副業を続けやすい環境を作る為にも、本業への影響は出さないように気をつけましょう。

副業での疲れ

仕事の切り替えができない人は、疲れた顔つきで出社して、自分の体調を気にせず、強引に働き続けてしまう事があります。

会社が社員にとって働きやすい環境づくりに奮闘している中、本業の疲労ならまだしも、副業が原因で体調を崩してしまったら、周囲の共感も得られず、同僚や上司に迷惑をかける事になります。

副業を続ける上で、働き過ぎないことや、体調管理は常に意識しておく必要があります。

 

体調を周囲に心配される事があれば、あなたの心境の変化や、副業がばれている可能性もありますので、副業を少し控える等の工夫が必要です。

会社側にはあなたの副業を悟られない努力をして、本業と副業を両立させることが社会人としてのマナーと言えるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

アーカイブ

このページの先頭へ