ホストから介護福祉士になった理由は?ホストと介護は同じ?

 

「相手に頼まれる前にできて初めてサービスになる。ホストも介護も本質は変わらない。」

そう語ったのはホストから介護福祉士に転職し、話題となっている湯本亘さん(31)です。

 

介護・福祉・医療の資格情報サイト『シカトル』

 

現在の職場は兵庫県神戸市西区にある特別養護老人ホーム「大慈弥勒園」ですが、以前の職場は神戸・三宮の夜の店でした。

高校を卒業してから、アルバイトや、バイクの改造、ゲームで10代の日々を過ごしていましたが、20歳に友人の誘いで夜の仕事を始めたとのこと。

そこで、深夜の勤務で大変な時でも、相手を気遣う仕事を面白いと感じられていたとの事です。

介護福祉士になった理由

夜の仕事をしていた湯本さんですが、一体何がきっかけで介護福祉士になったのでしょうか?

介護の道に進むこととなったのは、祖母が老人ホームへ入所する事となり、ずっと出来なかった親孝行のつもりと考えた事がきっかけでした。

老人ホームで働くきっかけとなった祖母は2012年に他界してしまいましたが、そこで介護の仕事を辞めず、職場の施設長の勧めで、2015年に介護福祉士の資格を取得したとの事です。

介護の仕事を続けた理由

介護の仕事に就くきっかけとなった祖母が他界してからも、湯本さんは老人ホームで働き続けました。

介護の仕事につき覚悟ができたのは、老人ホームに入所しているある男性の一言でした。

 

「娘が結婚することになった」

 

普段は寡黙なこの男性の言葉を聞き、神戸から東京の結婚式にまで車椅子でお連れしたとのこと。

スポンサーリンク

この男性からの感謝の言葉で、介護の可能性を感じ、介護の仕事に向きあう覚悟をされました

元ホスト介護職員の評判

「元ホストなんてうさんくさい」

と職場の上司や同僚に冗談交じりでからかわれているようですが、

今では職場で現場をまとめる副主任を任されるほど、仕事で信頼されています。

 

入所者からも、

  • 家族のように面倒をみてくれる
  • 楽しませるのが得意
  • アイコンタクトで気持ちが通じる

等とコメントがあり、とても評判がいいようです。

まとめ

高齢化社会が進んでいるこの状況下、介護の仕事は人出不足が懸念されており、需要は益々高まっております

ホストから介護への転職は極端な例かもしれませんが、先行き不安な会社で働いているサラリーマン、過酷な肉体労働や労働条件で働かれている方で、新たな仕事を探されている方には、介護の仕事も選択肢の1つとして検討されてもよいでしょう。

介護福祉士等の資格取得に興味がある方は、以下のシカトルというサイトから無料で資料請求ができますので、活用頂ければと思います。 
↓  ↓

先ずは介護の職についてから、資格の取得を考えたいと考えられている方は、以下の求人サイトへの登録がおすすめです。
↓  ↓

コメントを残す

このページの先頭へ