物忘れ改善薬のおすすめ人気商品や、注意点について!

物忘れについては、年配の方でなくても、働き盛りのサラリーマンやOLで悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか?

昨今、物忘れ改善のための市販の医薬品発売が続いており、売行きも好調という事で話題になっています。

今話題の物忘れ改善薬につき、人気商品や、使用する際の注意点につき調べました。

 

物忘れ改善薬とは

物忘れ改善薬とは、漢方薬に使われる生薬のエキスを主成分とした薬です。

厚生労働省によって、2015年末に単味生薬製剤製造に関するガイダンスが策定されました。

そのガイダンスのひとつに、“オンジ”を有効成分とした医薬品に「中年期以降の物忘れの改善」という効能効果が定められた事を受け、各社が物忘れ改善薬の販売を開始しました。

 

オンジとは

各社が販売を開始した物忘れ改善薬の主成分は「オンジエキス」です。

オンジとは、植物のイトヒメハギの根っこの部分を使った生薬で、東洋医学では「健忘」に効く薬として使われてきました。

複数の生薬を組合せた漢方薬は普及していますが、オンジだけといった1種類の生薬をエキスに濃縮した医薬品については、国の審査基準の整備が遅れていました。

 

物忘れ改善薬のおすすめ人気商品

もの忘れを改善する薬は様々な会社から販売されていますが、ここでは大手企業が販売の人気商品をご紹介します。

アレデル顆粒(クラシエ薬品)

クラシエ薬品は市販の漢方薬でシェア1位です。

そのクラシエ薬品が売り出した商品が、「アレデル顆粒(かりゅう)」(税抜1,900円)です。

思い出せない時の「アレが出てくる」という意味から付けられた商品名で、商品パッケージに「物忘れを改善する」と記載してアピールしています。

ワスノン(小林製薬)

小林製薬は、錠剤タイプの物忘れ改善薬「ワスノン」(税抜3,700円)を発売。

小林製薬によると、この薬に含まれる成分が「脳内の情報伝達を活性化する」とのことです。

スポンサーリンク

キオグッド顆粒(ロート製薬)

ロート製薬は「キオグッド顆粒」(税抜1,800円)を売り出し、売れ行きは好調です。

「キオグッド顆粒」はロート製薬と森下仁丹とのコラボによって生み出された商品です。

物忘れ改善薬の注意点

厚生労働省が「中年期以降の物忘れの改善」という効能効果が定めた事で、各社が販売に乗り出しました。

しかし、薬の効果は「中年期以降の物忘れ」に対しての効能であり、この物忘れは「認知症」とは異なる事に注意が必要です。

物忘れでも、日常生活に支障が出ており、認知症が疑われる時は、この薬に頼らず、早期に医療機関での受診が必要です。

厚生労働省からメーカーに対しても、この物忘れ改善薬によって、正しい医療機関での受診機会が失われないように、注意喚起を含めた配慮を求めています。

認知予防サプリメントは、アルツハイマー症の進行の遅延や予防効果がある「フェルラ酸」、脳の栄養素ブレインフードとして世界一受けたい授業でも紹介された「ホスファチジルセリン」、 脳の血流を促し脳血管性とアルツハイマー型の痴呆症に対し成果をあげている「ビンマカイナー」等を濃縮したフェルラブレインPLUS がおすすめです。
↓  ↓  ↓

 

まとめ

物忘れ改善薬が発売されたと聞いて、少し胡散臭いと感じていましたが、変な化学品ではなく、漢方が使われている事と、厚生労働省が効能効果を定めたものである事で安心しました。

これからのサラリーマンは定年がさらに延び、物忘れで悩む方が更に出てくるかもしれません。

そういった方に、この薬が少しでも役に立てばと思います。

 

【人気記事】転職したくなったらここに相談

 

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

アーカイブ

このページの先頭へ