発達障害は悪化する?避けたい状況とは?


発達障害を持たれている方が心配される事の1つに、

発達障害の症状悪化が挙げられますが、

発達障害の特性は、先天性のものであり、

普段の生活の中で重症化する事はありません

 

 

但し、その方の障害の特性によって

感じられる生活する上での問題が、

更に辛いものになる可能性はあります。

 

【人気記事】大人の発達障害の支援・相談のための当事者会とは?

 

発達障害の特性には変化がなくとも、

その本人や周囲の方がその障害を理解せずに、

何も対策をしない場合は、

失敗が繰り返されることがあります。

そのような状況が続いていると、

繰り返される失敗体験によって

障害を持った方は自信を無くして、

心と身体の状態が悪くなることがあります

 

現在の発達障害の悪化を防止するために、

障害への理解と対策が大切です。

 

これまでにご説明致しました通り、

発達障害への理解がなく、

スポンサーリンク

対策をしない場合、

二次的な障害が発生する可能性があります

 

これは障害の悪化に繋がりますので、

可能性な限り避けたい状況です。

 

発達障害の特性による辛さに加えて、

不安障害や鬱病などの症状が出てきて、

次第に仕事が出来なくなっていきます

 

こうなると、

社会生活に対する自信を無くしてしまい、

自宅に引きこもる方も出てきます。

 

更に、抑鬱症状が強くなってくると、

自らを傷つける方が出てきます。

 

こういったケースに至らないように、

発達障害を持たれている場合は、

早くから専門の先生に相談される事をおすすめします

 

発達障害の症状を悪くさせる要因としては

以下の様なケースが考えられますので、参考にして下さい。

  • 人間関係の構築や、情報処理が得意ではなく、ストレスを受ける
  • 過去の失敗した経験がトラウマとなり、同じ問題が起きると精神的な苦痛で苦しむ
  • 発達障害を持った本人も、周囲の方も障害の特性に理解を持てず、支援が受けられないことから、社会に適応出来ない

 

【人気記事】

・障害者におすすめの求人サイトランキング

・障害者がハローワーク以外の求人サイトを使うメリット

・東京で障害者の求人を探す際に外せないサイトのご紹介

コメントを残す

このページの先頭へ