副業の時間はどのくらいが適切?

「副業をしたいけどなかなか時間が確保できない!」

「副業している人はどのくらいしているのだろう?」

 

副業についてこの様に考えられている方は少なくないと思います。

結論としては、副業の時間は、

あなたの本業を妨げない範囲で、あなたのやる気度合いで決まってきます。

 

【人気記事】サラリーマンやOLが副業をする時の4つの注意点

 

総務省の調査によりますと、

自由時間の平均値は平日が約3時間休日が約7時間でした。

 

 

勿論、その人の人生のステージによって自由時間は変わるものですが、

上記から単純に計算すると、年間で1,515時間

24時間で割ると、63日も自由時間があるという事になります。

 

 

副業を本気で取り組んでいる人は、隙間時間も惜しんで時間を割いています。

1日に何時間を副業に使えればいいということではなく、

あなたが副業で得たい目標金額を定め

それに向かって1日30分からでよいので取り組んでみましょう。

 

 

年間で1,515時間も自由時間があるなら、

「忙しい」は副業をやらない理由にはなりません。

スポンサーリンク

本業が忙しくて、副業する余裕がないと感じる場合も、

出来る限り「時間があれば」「時間がない 」

という言葉は使わないようにしましょう。

 

 

本当に多忙な人は副業は難しいですが、

実は、やる気が足りない要領がよくない体力がないということが、

副業に取り組めない原因であるケースは少なくありません。

 

 

疲れたからと言って、

休みの日にダラダラとテレビを観たり、

パチンコしたりして過ごす方は少なくないですが、

振り返ると、結局、何もしていない休日となり、

非常に勿体無いです。

 

通勤中の隙間時間も惜しんで資格の勉強や、

副業に取り組んでいる人と比べると、

将来に差がついてくるのは当然でしょう。

 

日本では賃金格差がまだまだ無くなりませんが、

それに理由に苦しい立場を肯定したくありません。

 

皆が限られた時間の中で、

成果を出そうと努力していることを意識する事で、

自分自身に危機感を与え、

副業に取り組むモチベーションをキープし、

少しずつ副業に掛ける時間を増やしていったらよいでしょう

 

【人気記事】

●副業の種類や副業での注意点のご紹介

●人気転職エージェントランキングのご紹介

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ