大人の発達障害診断はどこで受けられる?

世間の発達障害への理解が増した事で、大人になって初めて発達障害に気付き、どの様に対処していいか悩まれている方は少なくありません。

ここでは、発達障害の疑いがあり、診断を受けたいと考えられている方の為に、どこで診断が受けられるかご説明させて頂きます。

 

【人気記事】発達障害の方も利用可能な求人サイトランキング

 

大人の発達障害はどこで診断できるのか

発達障害と分かり障害者手帳を取るにしても、公的なサービスを利用するにしても、先ずは医師の診断が必要になってきます。

発達障害についての診断は通常の場合、精神科で受けられますが、精神科であればどこでも診断してもらえるという事ではありません。

現時点では診断を行えるのは、限られた精神科のみです。

 

理由は、発達障害の診断は簡単ではなく、専門の医師によって注意深く診てもらっての判断が必要となるからです。

まだ、発達障害は近年になってようやく知られるようになってきたところであり、依然、専門の医師の人数は不足している状況です。

特に大人の発達障害の診断につき対応できる精神科がある病院は多くない為、発達障害者支援センターへ連絡され、お近くに発達障害者の診断が出来る精神科があるか確認される事をおすすめします。

発達障害者支援センターでは、発達障害の診断をしたい旨を伝えて頂き、相談されれば、お近くの診断対応可能な病院について情報を提供頂けるでしょう。

スポンサーリンク

発達障害の診断内容

気になる発達障害の診断内容ですが、本人の知能検査や、幼少期からの事柄につき、色々な視点で質問をされる事によって進められます。

母子手帳や、小学校の通信簿などがあれば診断時に参考になりますので、準備されるとよいでしょう。

又、診断時にご家族の話を伺いたいとの要望が出る場合がありますので、出来る範囲で協力してもらえる様に、事前にご家族に事情を説明されておくとスムーズです。

発達障害の診断でのメリット

発達障害について診断を受け、かかりつけの医者をもつようにしましょう。

診断でのメリットは主治医が得られる事であり、それと同時に自分の症状に関しての理解者が得られることでもあります。

自分の状況を知ってもらう事でカウンセリングをしてもらう事も可能となります。

自分の何かに対する努力不足や、性格上での問題ではなく、発達障害で生じる問題であると理解してもらった上で、アドバイスをしてもらうことができます。

 

又、必ず受けられるサービスではありませんが、症状の条件が合えば、ADHD等に効果があるものを処方してもらえるケースもあります。

「ストラテラ」や「コンサータ」等のADHD用の薬は、服用者と相性が合えばADHDの特徴である不注意、衝動性、多動といった事に効果が見られる可能性があります。

しかし、体質に合わないケースもあるりますので、かかりつけの医者の指示を必ず守って利用してみて下さい。

 

【人気記事】

・障害者におすすめの求人サイトランキング

・障害者がハローワーク以外の求人サイトを使うメリット

・東京で障害者の求人を探す際に外せないサイトのご紹介

コメントを残す

このページの先頭へ