なにわ筋線の駅の場所は?注目の西本町駅の場所や新路線の気になるお金!

JR大阪駅北側から難波付近までの7.4Kmを結ぶ「なにわ筋線」につき、4駅が新たに設置される事が分かりました。

「なにわ線筋」が完成すれば、大阪市中心部から関空までのアクセス時間が約20分短縮される事になります。

 

なにわ筋線沿い企業へ転職を考えられている方に役立つ記事はこちら。
↓  ↓  ↓
http://creativecoachingjapan.org/tenshoku-agent-ranking

 

【おすすめ書籍】関西圏 通勤電車徹底批評

 

新たに設置される事となった4駅は
北梅田駅
中之島駅
西本町駅
南海新難波駅
ですが、気になるのはその駅の場所です。

具体的な駅の場所の特定が困難である「西本町駅」を中心に、想定される駅の場所についてご紹介致します。

北梅田駅の場所

スポンサーリンク

JR大阪駅の北側で、グランフロントの横にある広大な敷地は「梅田北ヤード」と呼ばれ、特定都市再生緊急整備地域に指定されており、現在再開発が進められている場所です。「北梅田駅」はこの場所に設置される見込みです。

中之島駅の場所

既に京阪中之島線の中之島駅があり、この駅と、道路のなにわ筋が交差する付近に「中之島駅」は設置されると見られています。

西本町駅の場所

「西本町駅」以外の駅は、既に近くに駅があり、そこに連絡していく事が容易に予想されますが、この「西本町駅」付近には現在駅がなく、新駅の場所特定が一番困難です。

想定されるこの駅の場所ですが、地下鉄本町駅の西側でなにわ筋沿いの、地図上の赤丸で示す部分に新設されるのではと考えられます。

靭公園から西大橋駅の間のなにわ筋沿いです。この地域は新駅の設置によりアクセスがよくなることでしょう。

南海新難波駅の場所

この駅は、名前の通り、現在ある南海難波駅に連絡するかたちで設置されるでしょう。

まとめ

「北梅田駅」から「西本町駅」間はJR西日本と南海電気鉄道の共同運行となる見込みで、この新路線の総事業費は約3300億円に上ると考えられています。

「なにわ筋線」の追設により、建設工事で生み出される雇用や、路線付近への人や金の流入で、大阪経済によい影響をもたらす事を期待しております。

【人気記事】転職エージェント人気ランキングベスト3は?

コメントを残す

このページの先頭へ