「島耕作の事件簿」のストーリーや発売日は?


ビジネスマンに大人気の島耕作シリーズとして、新たな「島耕作の事件簿」の連載が開始すると発表がありました。

島耕作はシリーズ作品で、頭に部長、取締役、常務、専務、社長、会長、ヤング、係長、学生といったタイトルがついている事で有名です。

 

【おすすめ書籍】島耕作も、楽じゃない。 仕事・人生・経営論

 

島耕作シリーズのコミックの累計発行部数ですが、これまでになんと約4,000万部にものぼります。

「島耕作の事件簿」の気になる発売日は、2017年8月17日となる見込みです。

「島耕作の事件簿」は週刊誌「モーニング」の創刊35年を記念し、スピンオフ作品として8月17日発売号から「モーニング」で連載される予定です。

 

島耕作の事件簿」のストーリーですが、島耕作の課長時代を舞台として展開されていきます。

スポンサーリンク
 

島課長が大事件に巻き込まれ、警察に追われていく中で、怪事件を解決していくという、スペクタクルサスペンスで目が離せません。

原作は、「金田一少年の事件簿」等を手がけた樹林伸さんということで、本格的なサスペンスとなる事でしょう。

余談ですが、島耕作の当初のタイトルは「カラーに口紅」だったのですが、創刊時の編集長によって課長係長 島耕作」に変更させられてしまったようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ