亀田興毅に勝ったら1000万円の再放送は?インターネットテレビの可能性について考えてみた!

「亀田興毅に勝ったら1000万円」とは

ゴールデンウィーク最終日を盛り上げた番組といえば、この「亀田興毅に勝ったら1000万円」でしょう。

この番組は、元ボクシング世界王者の亀田興毅へボクシングで勝負を挑み、亀田に勝ったら1000万円の賞金が与えられるというものです。

挑戦者は一般人で、職種や立場は問わず、我こそは腕に自信ありという方なら誰でも構わないとのことで広く挑戦者を募った結果、1週間の期間で2000人以上の応募があり、その中から選ばれたのは以下の4名です。

  1. 歌舞伎町ホストクラブの支配人 神風永遠
  2. 現役高校教師 松本諒太
  3. 51万人の登録数を誇る人気ユーチューバー・ジョー
  4. 北関東最大の暴走族の元総長 ユウタ

 

選考基準は「亀田と戦いたいという熱意が最も強い」ことが伝わったというもの。
4人は「リングの上で何が起こっても自己責任」との調印書にサインして調印式を終えた。

亀田さんより、「この企画を通してボクシングの素晴らしさを皆さんに伝えたい。」とのコメントがあり、ボクシングを広めたい気持ちが伝わってきました。

スポンサーリンク

「亀田興毅に勝ったら1000万円」の再放送は

5月7日の本番の生放送を見逃した方試合結果を知りたい方は、以下のURLのAbema TVにて再度無料で視聴可能ですのでご確認下さい。
↓ ↓
https://goo.gl/yTU9yJ

インターネットテレビとは

この番組は通常のテレビ番組ではなく、Abema TVによってインターネット配信された番組ですが、この番組の視聴者数は1100万人を超え、番組中のコメント数も約36万コメントにも上る程の注目を集めました。

これはおそらく同時間帯のテレビ番組の視聴率を超えていたものと思われます。今後、メディアがインターネットにどんどん移っていくでしょう。

今回番組が配信されたAbema TVとは、他の無料動画配信サービスとは異なり、Abema TVだけのオリジナルコンテンツを配信している動画配信サービスで、登録やアカウント作成は不要で、24時間無料で番組を楽しめるサービスです。

亀田興毅に勝ったら1000万円の番組を見られた方はお分かりの通り、ニコニコ動画のように生放送中にコメントする機能がついており、番組中に出てきた内容の補足を加えたりする事ができ、テレビのような一方通行のサービスとは異なり、視聴者が番組や他の視聴者との一体感が感じられやすい工夫がされております。

Abema TVは携帯でも、App StoreやGooglePlayストアのアプリダウンロードサイトで「AbemaTV」と入力すればアプリが表示され簡単にダウンロードできます。本アプリは無料ですので、気になられている方は一度視聴されてもよいかもしれません。

今後のインターネットテレビの業界の成長や、IT業界の雇用枠の増加につき注目です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ