男より優秀なのに何故苦労する?女性の転職で必要な武器

会社に入ってきた新入社員をみていると女性の方が優秀なのに、何故か入社人数は男性の方が多いということを感じた事はありませんか?

男女雇用均等法が出来たといっても、残念ながら、男性と比較して未だに女性は希望の就職先に行く事は難しいと言われています。

女性の転職が厳しい理由

理由としては、女性の場合、結婚や出産、育児や介護といったように、様々なイベントで働き続けられなくなる、若しくは働く事を辞める選択をする女性が多いことが挙げられるでしょう。

近年では男性でも育児休暇を取られる方が増えてきましたが、それでも長くて数ヶ月で、女性の様に何年も職場から離れるというケースは非常に稀です。

 

出産や育児が落ち着き、仕事に復帰しようとしても、新たな転職先がないということはよく耳にします。特に40歳代後半になってくると、女性の転職は更に難しいという現実があります。

ただし、以前より特殊な技術や、資格を活かした仕事をされていたという方であれば、年齢を重ねられても転職先を探すことは難しいことではないでしょう。

勿論、特殊な技術や資格がなくとも、実務での経験をアピールし、ステップアップしていく女性もいます。

現状から転職先をしっかり考える

転職をしたい理由は、各々の現在置かれている環境や条件によります。もし、今の仕事を辞めて、次の仕事を探したいのであれば、今の仕事での問題点と、次の就職先に望むこと何かをしっかり検討することが重要です。

現在の職場が、自分が女性だという事で、上司や周囲の人の態度が異なる事が我慢できないというなら、次の職場では男女平等という点があなたの求める条件となるでしょう。

また、営業で外回りが多くて、体力的に厳しいと感じるなら、内勤や在宅勤務も取り入れている職場が求める条件となるかもしれません。

女性の転職での条件や選択肢は、男性より生活環境や年齢によって大きく異なってきます。転職を希望していても、女性は既婚未婚、子供の有無、年齢等によって、会社から即戦力と認められず、転職活動でつらい思いをすることがあるかもしれません。

スポンサーリンク

女性の転職での資格

ご存知の通り、転職に役立つ資格や特殊な技術を持っていることで、女性は転職しやすくなります。勿論、これは男性でも同じですが、転職で苦労しがちな女性の方が、他人との差別化職場での即戦力という点から資格や技術がとても有利に働き、転職活動での強い武器となります。

景気の見通しが悪い今の時代でも、資格や技術は転職活動を有利にしてくれるでしょう。

特に、国家資格は、転職で有利で、かつ仕事の可能性を広げられます。又、資格を持っていることから色々な手当てが付き、収入のという点からも待遇が良いことも考えられます。

女性で、退職後の転職先を探すことが難しいと感じられている方は、転職活動を行いながら資格取得に力を注ぐことで、就職の機会を増やせるかもしれません。

例えば、転職に有利といわれている資格には、薬剤師や保育士、看護師があります。学生時代の進路を決める際に資格取得を考え、時間がある時に取っておくことはなによりですが、社会人になってからでも遅くありません。

薬剤師であれば、最近パートとして高い時給で働けるドラックストアが多くあります。時給が他のパートより高い為、子供を産んだ後の再就職先や転職先としてよいでしょう。

育児や介護業界では、人が不足して需要が高い状況ですので、介護士や保育士という資格があれば職を探す事は難しくないでしょう。調理師やヘルパー業務に興味がある方は、これらの資格についても、検討されても良いかもしれません。

又、実際の職務経験に関連する資格についても、即戦力としての付加価値が高まるので、転職時に非常に有利です。日商簿記1級を有して、さらに経理部門での職務経験がある女性であれば、経理部門の人員募集している企業への転職の可能性を高める事ができるでしょう。

まとめ

個人的に職場で女性社員の方が優秀では?と感じる事がよくありますので、そんな優秀な女性が、結婚や出産で働けなくなる事は、企業にとっても、日本社会全体にとっても非常に大きな損失で、とても勿体ない事だと考えています。

転職や再就職を希望されている女性には、是非とも働いて頂き、日本を活性化させてもらいたいと願っておりますので、新しく資格を取ったり、パートから少しずつ実務経験を重ねる事で、次の仕事に繋げる事を考えていって頂ければと思います。

もし、家事や子育てで、パートに出る事が出来ないけど、自分でお小遣いを稼ぎたい、仕事をしたいという考えをお持ちであれば、在宅で始められる副業もありますので、あなたの興味がある仕事があれば、一度調べられても良いかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ